PHPとは?PHPバージョンについて

PHP : Hypertext Preprocessor
(ピー・エイチ・ピー ハイパーテキスト プリプロセッサー)の略です。

PHPは、サーバーサイド・スクリプト言語の1つになります。




サーバーサイド・スクリプト言語とは、

サーバー側で、動作、処理を行うプログラム言語で、
プログラムの実行要求される毎に、ブラウザーに送信するプログラムです。


他にも、「Perl/Ruby/Python」があります。



PHPは、最も多く使われてるオープンソース

WEBページを、動的に生成させるページに
作成するのに向いているプログラミング言語です。

特に、WEB開発に適しており、
アプリケーションの、開発者に使用されてるのがPHPです。

HTMLに埋め込むことができ、軽く高速な動作が特徴です。





PHPで何が出来る!


PHPで何が出来る、と言うより何でも出来ます。

CGIは、「Perl」のプログラミング言語で作られてるのですが
CGIで、出来る事は全て行うことも出来ます。

と言うより、PHPは、「Perl」より、とても簡単に高性能と言えます。
また、負荷が少なく、動作が軽く処理します。







WEBサイトを作成するツールに、ほとんど使用される事もあって
ほとんどの共有レンタルサーバーで、PHPが利用できるのが主流です。



PHPが動作することによって、ホームページ制作ツールが利用できたり、

PHPとデータベースMySQLを連携して、
CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)をインストールすることが可能



WEBサイトのアドレスで、「.html」「.htm」が記載されてなく、

「.php」と記載されてるサイトを見たことがあると思いますが、
それらは、PHPを利用して作られてるWEBサイトになります。




主に利用できるCMS

  • WordPress(ワードプレス)
  • Movable Type(ムーバブルタイプ)
  • XOOPS(ズープス)
  • WiKi(ウィキ)
  • ZenCart(ゼンカート)

など、他にもたくさんありますね





PHPバージョンについて

PHPには、「PHP 4、PHP 5.1~PHP 5.6、PHP 7」などバージョンがあり
「PHP 5.5.38」「PHP 5.6.30」のように細かくバージョンが更新されている

PHP4系とPHP5系の、仕様は大きく変わります。
「モジュール関連の違い、オブジェクトの仕様の違い、セキュリティ関連」など



現在は、「PHP 7」が、2015年12月に、メジャーバージョンアップされ
PHP6を飛び越えて、PHP7にバージョンアップされ注目されている

PHP7は、PHP5 に比べて2倍以上の実行速度が速い
メモリ使用量も大幅に低減できることになる




レンタルサーバーによって、バージョンの対応が異なりる形になりますが、
複数のバージョンを、管理画面で切り替えて利用することになる


古いバージョンになると、サポートされなくなり、
セキュリティの問題も含め、推薦されているバージョンを利用することが良いのだが


アプリケーションソフトの動作環境によっては、
最新のPHPバージョンが利用できなく、動作しないことがあるので注意が必要!


特に、「PHP 5」から「PHP 7」は、大きく仕様も変わるので、
エラーが起こったり、トラブルも発生するして全く起動しないですね。



気を付けなければならないのが、

PHPのバージョンは、頻繁に更新してる訳なんですが
当然、PHP仕様のアプリケーションソフトも更新していく事になり


そのタイミングで、通常に使っててWEBサイトが、
急に、不具合が生じたり、画面が真っ白になってて、びっくりする事もあります


そう言った意味では、アプリケーションソフトを動かし
トラブルが発生した場合は、PHPを疑い常に意識しておくのも大事になる



逆に、アプリケーションの対応が遅いものや、
全く更新されず、サポートさえされてないものは要注意です。





PHP切り替え方法(さくらサーバー)

さくらサーバー

PHPのバージョン切り替えは、至って簡単です。

ログインパネルにアクセスして、右のメニューの中から
「アプリケーション設定」の「PHPのバージョン選択」


下の画像の様に、お好きなバージョンを選択して、
「変更」をクリックで確定です。

さくらサーバー


PHP切り替え方法(エックスサーバー)

エックスサーバー

PHPのバージョン切り替えは、至って簡単です。

ログインパネルにアクセスして、コンテンツの中から
「HOMEPAGE」の「PHPVer.切替」を選択します。


下の画像の様に、お好きなバージョンを選択して、
「バージョンを切り替える」をクリックで確定します。

エックスサーバー