コアサーバーの特徴!評判・評価

高性能なサーバーと高速回線

快適性を重視したレンタルサーバー!




1000Mbps接続と転送量が大容量

アクセス数が多いサイトに充実した仕様



サーバー コアサーバー

おすすめ度  80%

2001年7月に設立、2011年にGMOグループの傘下、GMOデジロック(株)
バリュードメイン、バリューサーバーと同会社、システムの構築、OEMの提供


4プランから選べて、高性能レンタルサーバー!としての位置づけでもある
高速回線に、少ない定数で、高速・安定を高めたサービスを展開


非常に、コストパフォーマンスに優れ、基本的には初期費用が0円となる
転送量も高めに設定「100GB/月,250GB/月,500GB/月,1000GB/月」


サポート体制は、メールサポート、ライブチャット(平日 9:30~17:30)
ユーザーフォーラムは、良く機能していてスタッフから対応もしてもらえる




コアサーバー

コアサーバーの特徴   ■無料お試し期間7日間■

コストパフォーマンスに優れた、高速・高性能サーバー
CORE-A以上だと、「マルチドメイン・MySQL」オール無制限


下位プランからも転送量が大容量
MINI「100GB/月」CORE-A「250GB/月」CORE-B「500GB/月」


送受信メール数が、大幅な制限で、MINIでも5,000(通/日)
CORE-Cだと、40,000(通/日)も、送信することができる


「CGI,Perl,PHP,Ruby,SQLite,SSH,.Python,C/C++」
下位プランも機能が充実、自由度の高く大抵の事は何でも出来る


独自SSL持ち込み対応(IPアドレス低額提供)
VALUE-DOMAIN(SNI SSL対応)「Let's Encrypt」利用可能


FastCGI版(PHP 5、PHP 7 )設定可能
「php.ini」ファイルを直接に編集することが可能


「再販」第三者に貸し出しが可能
アカウントを身元が分かる特定の第三者に貸し出しする事は可能





     ■キャンペーン

全プラン 初期費用無料キャンペーン
2017年○月○日から 2017年○月○日まで
※ 一応、期限を設けているようだが、今のところ、ずーと割引中!

■それぞれのプラン 初期設定費用が無料!




※ VALUE-DOMAINで取得したドメインは「SNI SSL」として設置可能

 CORE-MINI
利用料金 (1ヶ月契約)初期費用/515円)+(月/411円) 税込8%
利用料金 (12ヶ月契約)初期費用/515円)+(月/215円) 税込8%
容量60GB
転送量の目安100GB/月 「転送量課金 なし」
マルチドメイン / サブドメイン50個 / 50個
データベース(MySQL5)10個
メールアカウント / ウェブメール200個 / 標準装備
FTPアカウント10個
FTPS / SFTPFTPS対応 / SFTP対応
CGI / SSI / PHP / SSH対応 / 対応 / 対応 / 対応
共用SSL / 独自SSL標準装備 / オプション対応(IPアドレスベース)
自動バックアップ非対応
アクセス解析標準装備
ウイルス駆除 / スパムフィルタ標準装備 / 標準装備
自動インストール機能「WordPress」「Movable Type」など

※ VALUE-DOMAINで取得したドメインは「SNI SSL」として設置可能

 CORE-A
利用料金 (1ヶ月契約)初期費用/1,029円)+(月/515円) 税込8%
利用料金 (12ヶ月契約)初期費用/1,029円)+(月/429円) 税込8%
容量120GB
転送量の目安250GB/月 「転送量課金 なし」
マルチドメイン / サブドメイン無制限 / 無制限
データベース(MySQL5)無制限
メールアカウント / ウェブメール無制限 / 標準装備
FTPアカウント無制限
FTPS / SFTPFTPS対応 / SFTP対応
CGI / SSI / PHP / SSH対応 / 対応 / 対応 / 対応
共用SSL / 独自SSL標準装備 / オプション対応(IPアドレスベース)
自動バックアップ非対応
アクセス解析標準装備
ウイルス駆除 / スパムフィルタ標準装備 / 標準装備
自動インストール機能「WordPress」「Movable Type」など

※ VALUE-DOMAINで取得したドメインは「SNI SSL」として設置可能

 CORE-B
利用料金 (1ヶ月契約)初期費用/2,057円)+(月/1,018円) 税込8%
利用料金 (12ヶ月契約)初期費用/2,057円)+(月/849円) 税込8%
容量240GB
転送量の目安500GB/月 「転送量課金 なし」
マルチドメイン / サブドメイン無制限 / 無制限
データベース(MySQL5)無制限
メールアカウント / ウェブメール無制限 / 標準装備
FTPアカウント無制限
FTPS / SFTPFTPS対応 / SFTP対応
CGI / SSI / PHP / SSH対応 / 対応 / 対応 / 対応
共用SSL / 独自SSL標準装備 / オプション対応(IPアドレスベース)
自動バックアップ非対応
アクセス解析標準装備
ウイルス駆除 / スパムフィルタ標準装備 / 標準装備
自動インストール機能「WordPress」「Movable Type」など

※ VALUE-DOMAINで取得したドメインは「SNI SSL」として設置可能

 CORE-C
利用料金 (1ヶ月契約)初期費用/5,142円)+(月/4,104円) 税込8%
利用料金 (12ヶ月契約)初期費用/5,142円)+(月/3,420円) 税込8%
容量500GB
転送量の目安1,000GB/月 「転送量課金 なし」
マルチドメイン / サブドメイン無制限 / 無制限
データベース(MySQL5)無制限
メールアカウント / ウェブメール無制限 / 標準装備
FTPアカウント無制限
FTPS / SFTPFTPS対応 / SFTP対応
CGI / SSI / PHP / SSH対応 / 対応 / 対応 / 対応
共用SSL / 独自SSL標準装備 / オプション対応(IPアドレスベース)
自動バックアップ非対応
アクセス解析標準装備
ウイルス駆除 / スパムフィルタ標準装備 / 標準装備
自動インストール機能「WordPress」「Movable Type」など

■バックボーン数値
 大手ISPバックボーン(計500Gbps)へ冗長・マルチホーム接続
 各サーバーに、1Gbpsで接続

■サーバー収容人数
 CORE-MINI(300以下),CORE-A(128以下),CORE-B(64以下),CORE-C(16以下)

■メール機能 
 メール転送/Webメール/スパムフィルター/メーリングリスト/携帯ウェブメール
 POP ・ POPS/SMTP・SMTPS/IMAP・IMAPS/APOP / Port 587

 CORE-MINICORE-ACORE-BCORE-C
メーリングリスト
メールマガジン----
メール配信数制限5,000通/日10,000通/日40,000通/日120,000通/日

■サポート体制
 メールサポート、ユーザーフォーラム、ライブチャット(平日 9:30~17:30)

■無料お試し期間7日間

サーバースペック
サーバーOSLinux (32bit)
CPUXeon
メモリーMINI 8G|BCORE-A 8GB|CORE-B 12GB|CORE-C 16GB
サーバー収容人数MINI 300以下|CORE-A 128以下|CORE-B 64以下|CORE-C 16以下
サーバー管理国内大手データセンター収容
HDD構成RAID




コアサーバー(CORESERVER)に対する評価は?

サーバー コアサーバーの評価

おすすめ度  80%

コアサーバーは、一部の領域を再販できたり、制限値を高めに設定していて
他社の共用サーバーより、割合に自由度が高い提供を行っているサーバーで


使用可能なプログラム言語も、他社より豊富に提供していることから
どちらかで言うと、知識の高いユーザーが多いとされているよね


1000Mbps接続と高い回線帯域でありながら、収容人数が非常に少ない設定で
サーバの空き数も、「○△×」で、ある程度選べるのがいいよ!


プランによって、CPUと収容人数、転送量などがハッキリ違う仕様なので、
初心者から、ヘビーユーザーまで、用途に合わせて使えるとして評価は大きい


ただ、コントロールパネルや、設定、サポート面が、ひと癖あるので
機能面が優れて、かなりリーズナブルとは言え、初心者さんはどうかなぁ!


「使いこなせるのであれば!」は、言い過ぎかもしれませんが、
低価格で、CGI関連のプログラムも多く使えて、自由度が高いサーバーですね


唯一、物足りないのが、バックアップサービスが付いていないので
定期的に、各自で行わなければならないですね


まぁ、その辺は、中級者以上が多いので
「cron、rsync」を使ったりして、各自で、何とかするのかな!





コアサーバー (CORESERVER)| 評判が高い理由

[check] 国内大容量バックボーン(総計500Gbps)から、各サーバー1Gbpsで接続
[check] 「回線、サーバ性能、収容人数、転送量」が明確で高性能
[check] 高負荷に強く、爆発的なアクセス数にも耐える性能
[check] プログラム言語も豊富、特殊設定等も可能、自由度が高いサーバー
[check] 独自SSL(SNI SSL対応)「Let's Encrypt」の利用が可能

エックスサーバーvsコアサーバー 徹底比較!どっちが高性能





コアサーバー お申込み



お申込み、詳しい詳細は

公式サイトで