2020年02月27日  2016年12月23日

エックスサーバーの性能!なぜ、これ程までに快適を誇るのか

エックスサーバー

高速性能・負荷耐性



何といっても、ネッワーク環境が充実!

カップ まず、バックボーンです。


大容量のバックバーン「総計1.39Tbps」を備えていて
利用率を50%に抑えた、ネットワーク環境を確保している
   コレがいいね!

回線的に、悩まされることはまず無い!快適に利用ができる


要するに、通信速度が快適に行われるので、
他ユーザーの影響も回避できる程の、ネットワークの設備が充実してる

1.39Tbpsは、国内最大級のネットワーク環境と言えます!




何といっても、安定性が抜群!安心できるサーバー

カップ 一番肝心になるのが安定性です。


そうりゃそうです、
サイトを公開してるのに、サーバーが不安定なら致命的


エックスサーバーの、稼働率は「99.99%以上」と高い水準
サーバーの障害等を未然に防ぐ事は、万全の体制で管理していると言える。


データセンターの事は、あまり気にしている方は少ないでが
サーバーダウンを起こさないのは、優秀な技術者が対応してると共に


データセンターの管理を、徹底的に行える環境も重要で
稼働率99.99%以上は、非常に高い安定性です!




サーバーの基盤となる「CPU・メモリ」

カップ 次に、ハイスペックのサーバーです。


高速CPU『AMD EPYC(Rome世代)』の導入
AMD社の第2世代「EPYC(エピック)」プロセッサー(コードネーム「Rome」)を採用

80ものベンチマークで世界記録を達成するなど
CPU性能はもちろん、コア密度、I/O性能など、高く評価されている

その最新のCPUで、コア数(48コア96スレッド)を搭載してるマシンとなり
メモリーは、なんと「512GB」となっていますね!


これだけのハイエンドサーバーは、そうそう無いです

回線だ!なんだ!っていったって
表示速度を不安定にさせるのは、サーバースペックが大きいですね!


収容される人数を一定数に制限!

収容されてる人数は公開しておりませんが、
1台のサーバーに収容される人数を一定数に制限とのことなので

CPU,メモリのパフォーマンスを活かせるように
適正な収容人数で、快適なサイトを表現できると言うことだね!

ですので、CPUに負荷を与えることなく、
サーバーの負荷を軽減した環境で利用でき事になります。





エックスサーバーは、
「ネットワーク環境、稼働率99.99%以上、ハイスペックサーバー、定数制限」

この4つの柱で、安定性を充実させている

これだけ見ても、いかに快適にサイトを運用できるか
複数のサイトを作りたい方に取っては、相当、実感できるでしょうね!




エックスサーバーは、大量の同時アクセスに強い!

Webサーバー「nginx」を導入!!



Webサーバーに nginx(エンジンエックス)を導入

カップ 一番のウリとなったNginx


ほとんどの共用サーバーでは、Webサーバーには「Apache」を採用
エックスサーバーでは、先駆けとして「nginx」をいち早く導入している

アクセス集中時(同時アクセス)処理に最適化

「nginx」は、アクセスが集中した時に強く、同時リクエストを最適化
安定したサイト表示を高速かつ安定したWebサイトの運営が可能

画像の説明

Apacheでは、ユーザーからのリクエストを順次処理するため、リクエストの待ちが発生する場合がありますが、nginxでは大量のリクエストを同時並行で処理が可能です。




高速化に対する執着が強すぎる!エックスサーバー

リソースを軽減、処理能力を最大限に最適化



「Webサイト高速化&アクセス数拡張」

カップ サーバーのリソースを最大限に最適化!


Web
サイト
高速化
Xアクセラレータサイト表示を高速化すると共に同時アクセス数を大幅に拡張
FastCGIPHPやCGIによるCPU負荷を軽減しプログラムを高速化
APC/OPcachePHPプログラムのキャッシュ・高速化モジュール
ブラウザキャッシュブラウザのキャッシュ利用を指示する設定することでサイト表示速度を向上
サーバーキャッシュサーバー上でファイルのキャッシュが作成されWebサイトの表示速度・同時アクセス数を大幅に向上
HTTP/2通信効率の改善により、SSL化したWebサイトの表示速度が大幅に向上


その他にも、エックスサーバーでは、
高速環境を、重視してると言える事がたくさんあって

「PHP・CGI」と言った、プログラムを使うのは当たり前で、
そう言ったプログラムの使用で、CPUに負荷を与えない為に

高速に実行が行える、「FastCGI」システムを導入して
処理速度をスムーズに、負荷を軽減するための対応も行っております。


「キャッシュ」機能によりWebサイトの表示速度・同時アクセス数を大幅に向上
PHPの内容を最適化した状態でキャッシュしておき、次回以降に同じPHPにアクセスがあった際にキャッシュを利用することで「PHP実行時のCPU負荷の軽減」

ブラウザ側でのキャッシュ利用を指示する機能で、同一ファイルへの再アクセス時にはブラウザ側のキャッシュファイルが利用され、表示速度の向上や転送量の軽減を行う

簡単クリック設定

これらの機能によって、通常の最大3.5倍の高速化が図れる
もちろん、ボタン1つで設定できるので、初心者さんにも簡単にできます。


ですので、サイトの高速表示と、負荷が原因で接続不可になったり
エラーになる事を、最大限、防ぐことが可能になりますね



これだけの高性能なエックスサーバーですので、不安定になることは想像できませんね^^;




100万PV 150万PV,ほうほうほう・・・どんと来い!

カップ 何と、エックスサーバーの転送量は「1日150GB」


マルチドメインが無制限だの、MySQLが無制限だの
言ったところで、転送量がしょぼかったら、なんの意味がなく


たくさんのサイトを作成したいのであれば特に
転送量が、非常に非常に、重要視される訳ですが、


1日の転送量が、150GBです^^; 月で言うと、4,500GB
もう使い切るのに、辛くなる容量ですね!


転送量は、意外と理解していない方も多いようですが、
レンタルサーバーを選択する上で、把握することは大きな要因ですね!




エックスサーバーが先駆け!「オールNVMe」導入

「Wordpress」を使っても、表示速度は、サクサク



WordPressは重たい!なんて言わせない

カップ 「MySQL」サーバーを高速化!


高速で信頼性の高いデータ転送を可能
『オールNVMe』RAID10(ストライピング+ミラーリング)構成を採用


NVMe(エヌブイエムイー)
・・・・・しかも「WEBもデーターベースもオールNVMe」対応が嬉しい!


近年は「SSD」が採用される傾向が高まってきて
処理を高速にし、次世代の記憶装置として普及されていますが!

「NVMe」対応SSDとは

次世代のSSD接続規格として近年注目を集めている規格が「NVMe」
SSDに最適化されたインターフェースのこと

従来のHDDの接続規格では超えられなかった転送速度を大きく超え

オールSSDやピュアSSD環境と比較しても、
「NVMe」は、読み込み速度が最大約14倍以上も向上すると言われている


転送速度が驚くほどのスピードで処理してくれる「NVMe」

「NVMe」の導入も、エックスサーバーが先駆けとなって
また、超高性能CPU「AMD EPYC」、従来の倍にあたる「48コア96スレッド」に拡張

これらの様々な大幅な増強により
国内のサーバー速度が、国内No.1になったと!豪語していますね!



ハードディスクの処理の速度を「倍x倍」にしちゃおうぜ!

しかも、データの読み書きを効率化し処理速度を向上させる仕組み

「1つのデータを、2つ以上のディスクに分けて同時に書き込み処理速度を向上」
「同じデータを複数台のディスクに書き込みすることで耐障害性を高める」

「オールNVMe」RAID10(ストライピング+ミラーリング)構成
RAID(レイド)とは!データを高速転送と保全できる仕組み




レンタルサーバーは、その都度その都度によって
高速・高性能のサーバーが入れ替わる側面はありますが....

もうこれは、最強サーバーって言っていいのではないでしょうか!
※2020年2月27現在



今まで、ボリュームあるサイトを「WordPress」を使っていて
もっさり感の表示速度を、解消してくれるのは、間違いないでしょう!





ドメイン認証型「SSL」が、無料で利用可能

カップ 独自SSL「Let's Encrypt」対応 「HTTP/2」対応


近年は、SSL証明書による安全性のアピールが必須となり
SSL導入の必要性が高まっている中、無料でセキュリティ対策を強化を図れる

「無料・無制限」利用可能な独自SSL

「Let's Encrypt」の対応可が進むなか、
エックスサーバーが、一番乗りで「Let's Encrypt」の導入が行われた!

設定も簡単!ワンクリック、更新費用も無料&自動更新

「HTTP/2」で、読み込み時間を短縮

表示速度を向上させる効果をもつ、新しい通信プロトコル「HTTP/2」
「常時SSL化」に対応することで、自動的に「HTTP/2」による表示が可能になる

「HTTP/1.1・HTTP/2」違い




手動バックアップ/自動バックアップ

カップ サーバ設備の故障とデータの提供に備えて自動バックアップ


2台のハードディスクにリアルタイムでの全データコピー(RAID1)
サーバー上のデータを1日1回バックアップ専用サーバーに自動コピー

バックアップ体制も充実

手動によるバックアップも可能で、いつでも管理画面から
「Web・メールデータ・MySQL」のデータをワンクリックでダウンロードが可能

バックアップデータの提供もオプションで対応
誤って重要なデータが消失してしまっても安心できるシステムになっている

サーバー領域データ(Web・メールデータ)
1日1回、バックアップ専用サーバーに自動でコピー「過去7日分」
データの提供の提供も可能「10,800円/1回」

MySQLデータベース
1日1回、バックアップ専用サーバーに自動でコピー「過去14日分」
データの提供の提供も可能「5,400円/1回」




WordPress運用支援・セキュリティ設定

カップ 「ON/OFF」切り替え簡単設定


国外IPからのアクセスを制限したり、不正なログインを制限するなど、
「WordPress」に関するセキュリティを向上することができます。

WordPressセキュリティ設定の対応

WordPress自動インストールWordPressを手間なく簡単にインストール
ログイン試行回数制限短時間に連続してログイン処理(失敗)が行われた場合にアクセスを制限する機能
国外IPアドレスからのアクセス制限(ダッシュボード、XML-RPC、REST API)国外IPアドレスからのアクセスを制限することで、不正なログインやDDoS攻撃の踏み台となることを防ぎ、WordPressサイトのセキュリティを向上させる
大量コメント・トラックバック制限コメント・トラックバックスパムが行われた場合に、一時的にコメント・トラックバックを制限
国外IPアドレスからのコメント・トラックバック制限国外IPアドレスからのコメント投稿やトラックバックを制限



WAF標準搭載!不正アクセスからWebサイトを保護!

Webアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃からWebサイトを保護することが可能なWAF(Webアプリケーションファイアウォール)を設定できる機能




エックスサーバー!全てが兼ね備えたハイエンドサーバー


基本的に、レンタルサーバーは、
制限をきつめにして提供してるもんなんですが


結局は、何かはいいけど!何かは足りない!
なんってことが、結構、あるあるなんですが、


もちろん、月額費用を高めに設定しているのであれば、
高性能サーバーを期待がもてますが


エックスサーバーは、
年契約の月額費用が、たったの1,100円税込です。


この辺の価格帯では敵なし!全てが兼ね備えたハイエンドサーバーになるね!
これだけのサーバーは、使わずにはいられない!でしょうね







     ■キャンペーン

独自ドメインプレゼントキャンペーン
2019年12月13日(金)12:00 ~ 2020年4月30日(木)18:00

期間中、新規にお申し込みいただき、
ご利用料金をお支払いいただいたサーバーアカウント

独自ドメインがずっと無料のプレゼント!
人気の8種類から好きなドメインを1個
(.com/.net/.org/.biz/.info/.xyz/.link/.click)
更新費も無料、契約期間中なら管理料の1,620円/年も、ずーとタダ!

独自SSLが無料対応
エックスサーバーで、運営中のドメインに対して無料提供
無料・無制限で証明書は自動で更新、独自SSLを利用することが可能




エックスサーバー
■無料お試し期間10日間■

業界トップクラスの快適!オール SSD 搭載

大容量バックボーン + ハイスペックサーバー
総計1.39Tbps + CPU24コア/メモリ256GB

アクセス集中時も「高速・安定」
WEBサーバー「nginx」+「Xアクセラレータ」

ストレスを感じる事なく軽快な動作を実感!

エックスサーバーの詳細・評価ページ

X10プランX20プランX30プラン
月/1,100円月/2,200円月/4,400円
初期費用容量マルチドメインデータベース転送量無料SSL・HTTP/2
3,300円200GB無制限50個150(GB/日)対応・対応
Nginx 無料SSL HTTP/2 オールSSD FastCGI アクセラレータ ブラウザキャッシュ
プログラムキャッシュ WordPress支援機能 WAF 自動バックアップ 電話サポート

(※上記は、X10プランの詳細)
※ 価格は年間(12ヶ月)申し込みをした場合の、税込み10%の金額を記載