MixHostでWordPressのインストール手順とデータベース作成

MixHost(ミックスホスト)レンタルサーバーのコントロールパネルには、
世界的にも需要が多い、日本語対応の「cPanel」を採用している



「MixHost」で、WordPressをインスールする場合は、
自動インストール対応で、操作手順も非常に簡単なので特に問題はない!

データベースも自動生成する形で、
と言うか、自動インスールの場合は、自動生成するのみしか選択が出来ない

データベース(MySQL)は、全プラン 無制限(容量の範囲)作成できるので
ですので、DBの管理上、沢山あると「どれがどれだか?」分からなくなる・・・

そう言った意味では、データベースの管理も重要になってくるのだが
「cPanel」では、「インストール内容の詳細・編集」で確認できるのが良いね!

「MixHost」では、初期ドメイン(サブドメイン)で、WordPress を開設することも可能
若しくは、取得した独自ドメインで開設することになる。その場合は先にドメイン追加を行う






「WordPress」簡単自動インストールの手順方法


 1  「スクリプト」から「WordPress」を選択

WordPress



 2  「Install Now」をクリック

Install Now



 3  「WordPress」の設定(セットアップ画面)

セットアップ

プロトコルの選択

「www ありなし」「https ありなし」を選択 どれを選択しても同じ
現状は、どれを選択しても「https あり」となる仕様

※ ドメイン設定を行いネームサーバーを変更した時点で「HTTPS」に!
  どちらか統一する場合は、www もう含めてリダイレクト設定を行うことになる

ドメインの選択

「サブドメイン、独自ドメイン」登録しているドメインを選択

ディレクトリ

ドメイン直下にする場合は「空欄」のまま
サブディレクトリ型にする場合は「wp」「blog」「site」「news」など入力

例えば、「http:// xxxxx.com/」でアクセスしたい場合は「空欄」
「http:// xxxxx.com/wp」でアクセスした場合、任意の名前を入力

ドメイン直下型 ドメイン直下型

サブディレクトリ型は、「http:// xxxxx.com/」で公開しているサイトに
「http:// xxxxx.com/wp1/」「http:// xxxxx.com/wp2/」と、複数のサイトを
公開した場合に適してる。通常はドメイン直下で公開する形で問題ない



サイト設定

サイト名

後で変更できるので、決まっていなければ初期設定で問題ない

サイト説明

後で変更できるので、決まっていなければ初期設定で問題ない

マルチサイトを有効にする(WPMU)

マルチサイト機能を利用する場合はチェックを入れるが、通常はチェックなしで問題ない



管理者アカウント

Admin Username

WordPress の管理者ユーザー名を入力

Admin Password

WordPress の管理者パスワードを入力
セキュリティ上「20文字以上、英文字(大小)、数字、記号」を含む複雑なパスワードを設定

管理者Eメール

WordPressの管理者のメールアドレスを入力



インストール

インストール ボタンをクリックしてインストールが開始




 4  インストール完了

インストール完了

数秒でインストールが完了します
完了後は、「WebサイトのURL、管理画面のURL」が記載されている

ここまでの流れで、「あれ、データベースの設定は?」と思われてしまうが
インストールすることで、データベースは自動生成されています

ですので、逆に言うと、予め設定したデータベースを使いたい!場合は
WordPressのインストールでは、選択できない仕様となってしまう




 5  「概要へ戻る」

概要へ戻る

WordPress「概要」では、管理画面にアクセス
また、「詳細の編集」で、インストール内容の詳細を確認できる




 6  「WordPress」インストール内容の編集

管理画面

「インストール内容の編集」では、
データベース名・ユーザー名・パスワードなど、インストール内容が確認できる

また、編集できるモードにはなっていますが
あくまでも「MySQL® データベース」「wp-config.php」を変更した場合に変更




 7  「WordPress」管理画面にアクセス

管理画面







データベースの確認、データベースの作成手順

「データベース」から「MySQL® データベース」を選択
MySQL® データベース


現在のデータベースとユーザー

「現在のデータベース」「現在のユーザー」
「WordPress」を自動インストールしたことで、データベースが自動生成


「名前の変更」「パスワードの変更」「削除」が可能となる

但しデータベースを変更した場合は、
WordPress の設定ファイル(wp-config.php)内も変更が必要となるので注意

wp-config.php


パスワードの確認に関しては、WordPress「インストール内容の詳細」で確認可能

因みに、「phpMyAdmin」にログインする際は、
自動ログインとなるので、特にパスワードを覚えておく必要はない



手動でデータベースを作成する場合は


 1  新しいデータベースの作成

データベースの作成

「データベース名」を入力




 2  新しいユーザーの追加

ユーザーの追加

「ユーザー名」を入力

「パスワード」を入力 ※英文字(大小)数字、記号
パスワード生成ツールで強力なものが作成可能




 3  ユーザーをデータベースに追加

ユーザーをデータベースに追加

「データベース」と「ユーザー」を作成したら、追加してこれらを紐付ける




 4  ユーザー権限の管理

ユーザー権限

「すべての権限」にチェック(推薦設定)をして「変更」クリック




 5  「現在のデータベース」「現在のユーザー」

現在のデータベースとユーザー

「現在のデータベース」「現在のユーザー」に追加されました


「データベースの作成」「ユーザーの追加」「ユーザーをデータベースに追加」
これら3っ操作手順で、「MySQL® データベース」の作成を行う




MixHost(ミックスホスト)公式サイト


MixHost(ミックスホスト)
■無料お試し期間30日間■

仮想サーバーの様な共用レンタルサーバー

ユーザー毎にリソースを割り当て
独占した環境、リソースの増減も自由自在

国内最大級732Gbpsの高速バックボーン
Webサーバは高速 (LiteSpeed)対応、SSD構成

高性能サーバ、高速レスポンスを実現

MixHost の詳細・評価ページ

エコノミースタンダードプレミアムビジネス
初期費 / 無料初期費 / 無料初期費 / 無料初期費 / 無料
月/518円~月/1,058円~月/2,138円~月/4,298円~
スペック容量ドメインMySQL転送量
仮想2コアCPU/1GBメモリ/SSD構成30GB無制限無制限60GB/日

※上記は「スタンダード」の詳細|1年間の税込み8%の金額を記載