リトルサーバーでWordPressを始める!手順とデータベース作成

リトルサーバーで「WordPress」をインストールする際は、
先に、データベースを作成することから始めます。


自動でデータベースを作成してくれるレンタルサーバーが多い中
リトルサーバーでは、自動では行ってくれません^^;


とは言え、「WordPress」をインストールするに当たって、
ひと手間ありますが、流れだけ確認してもらえれば、それほど難しくはないですね!




WordPress を利用するに当たって「一連の流れ」

データベース作成


 1  「データベース」~「データベース作成」
データベース作成



 2  データーベースのパスワード設定
データベース作成

半角英数字 8文字~16文字の範囲

MySQL は、ミニプラン 3個、リトルプラン 10個、ビックプラン 50個
作成可能ですが、データベースパスワードは共通設定となる。変更は可能




 3  データーベースのユーザー名の設定
ユーザー名の作成

半角英数字(a-z A-Z 0-9) 3文字~16文字の範囲

複数のデータベースを作成する場合は、どの「WordPress」にどれを使ったか
分からなくなるので、データベース名を含めて、しっかり管理しておきましょう




 4  データーベースの作成が完了
作成完了

これで、データベースの作成が終わりました。
必要が無くなれば、ここで削除が可能、また、パスワードの変更もできる




WordPress のインストール


 1  「簡単インストール」~「WordPress インストール」
簡単インストール


 2  追加しているドメインを選択
ドメインを選択


 3  「次のページに進む」
次のページに進む


 4  WordPress のディレクトリを指定
ディレクトリを指定

WordPress のインストール先(ディレクトリ)を作成します

初期値は「WordPress」となっていますが
初期値の「WordPress」を消して、任意の名前で作成できます。



 5  作成したデータベースを選択
ディレクトリの作成

どのデータベースを利用するか?指定
(※ 複数作成している場合は、どれを使うか?間違わないように!)

「テーブル接頭辞」設定(初期値はランダムで入力済み)
初期値のままで問題ないが、任意で覚えやすい文字に変更することも可能



 6  「最終確認」と「WordPress のインストール」
WordPress のインストール

いずれかの形式の「URL」にチェックを入れて選択
「ディレクトリで表示」「http:// xxxxx.com/○○○」
「ドメインのみで表示」「http:// xxxxx.com/」

※「ディレクトリで表示」させる場合は、短めなディレクトリ名が良いかと
※「ドメインのみで表示」させる場合は、「ドメイン設定」でディレクトリ名を変更できる

最終確認(問題が無いかチェックしてインストール開始)



 7  「WordPress のインストール」完了
インストール完了

「WordPress」のインストールは完了
「URL」に、アクセスして、WordPressログイン情報の設定に進む




WordPressログイン情報

「WordPress」は、世界中から利用されて需要が多い「CMS」です
で、あるがゆえに、海外からの不正アクセスも急増している!

20文字程度の「文字、数字、記号」を組み合わせた強力なパスワードの設定を推薦


ログイン

Windowsダッシュボード

WordPressをインストールするに当たって、少々、手間が多い設定ですが
チラッと、流れに目を通してもらえば、5分程度でスムーズに設定できると思う!

リトルサーバーは、何かトラブルがあったとしても
「お問い合わせ」で、速攻に回答してもらえるハズなので、手間は「ごひいき」に!








リトルサーバー
■無料お試し期間10日間■

お手頃価格で、MySQLが3個使える!

150円(税抜)からWordPress 対応
格安料金ながら、容量 20G、MySQL 3個

全プラン、自動バックアップが標準装備
7日分の(Web・DB・メール)を自動で保管

無料で使える独自SSL(Let's Encrypt)対応

リトルサーバーの詳細・評価ページ

ミニプランリトルプランビックプラン--
月/162円~月/270円~月/464円~--
初期費用容量マルチドメインデータベース転送量無料SSL・HTTP/2
993円60GB無制限10個非公開対応・非対応

(※上記は、リトルプランの詳細) 
※価格は年間(12ヶ月)申し込みをした場合の、税込み8%の金額を記載