リトルサーバーはアナログ的な部分もあるが結構使えるぞ!

実際に使ってみた感想、 口コミでは分からなかったことは?

リトルサーバーは、機能的には、一般的な感じで非常にシンプルだが、
ただ、4っの「価値の視点」に立つと大きいので、使ってみることにした!

まず、管理画面は、こんな感じ

管理画面

基本機能を設定する形だけなので、非常にシンプルな管理画面になっていて、
初心者の方でも、問題なく使えると思う。

また、「リソース」では、ホームディレクトリ、データベース領域の
容量が確認できるのと、「本日/今月」の転送量も確認できる




4っの「価値の視点」とは!

1っ目は、無料で独自SSL(Let's Encrypt)対応

無料独自SSLの定番(Let's Encrypt)を利用することが可能
もちろん、3か月毎の更新も対応しているので問題ない


但し、利用する際は、管理画面からの設定が行えなくて
「お問い合わせ」から、申し込みを行って、後はサポート側の作業を待つ


また、他社で利用していた場合、停止させないで(Let's Encrypt)の移動ができ
その場合は、Let's Encrypt 証明書の「cert.pem、privkey.pem、chain.pem」
3つのファイルを、既存のサーバ管理者から受け取る必要がある



2っ目は、無料で、自動バックアップ対応

7日分のバックアップを外部の専用サーバーに自動取得(全プラン)
毎日自動で「ホームディレクトリ、データベース、メールボックス」を保存


必要な場合は、無料で希望のデータを圧縮ファイルで提供してもらう

但し、管理画面からの設定は行えなくて、「お問い合わせ」から申し込み
また、基本的に復旧作業は自分で行うが、 サポートで代行(無料)する事も可能



3っ目は、 高性能サーバーで構築

プランによって、ユーザー領域を分離してリソースを確保する設計
高い性能を持つサーバー仕様で、収容人数も割合少ない設定で対応


「ミニ、リトル」 (使用サーバー CPU4コア・メモリ32GB)
「ビック」 (使用サーバー CPU16コア・メモリ48GB)    ※ 2017.03.03現在



4っ目は、転送量の目安が大容量

サーバーの構成的に、転送量は非公開にせざるを得ないようだが、
理論上、ディスク容量の倍の転送量が可能のようだ(お試し期間は10GB/日)


収容サーバー単位での転送量を設定していて、
全てのユーザーが一斉に大量トラフィックを発生させない限り大丈夫なように設計


「ミニ → 40GB/日 リトル → 120GB/日 ビッグ → 240G/日」
但し、あくまでも理論上で、収容人数の影響・同時アクセス数の制限の影響はある

※「ビックプラン」の同時アクセス数は、「ミニ・リトル」の3倍まで可能、かつ収容人数を「ミニ・リトル」の1/4以下に抑えているので、滅多な事で同時アクセス数が問題になる事はないと考えらる。



リトルサーバーのデメリット

リトルサーバーは、法人(株式会社)として、経営されているが
2015年12月設立、2016年9月にリトルサーバーをリリースと

まだ若い会社で、大手のレンタルサーバーが「はびこる」なか
小規模で、レンタルサーバー事業を行っている。不安の1っでもある


データセンターは、「国内(北九州)にあるDCで運営」、
一部の共用サーバーは、「国内(香川県)にあるDCで運営」と、言う事ですが

公式サイトには、監視体制などの情報が記載されていなく、
運用面の安定性が気になる部分で、「安定性」が、不安材料の1っに上げられる


サーバー性能は高い位置付けではあるが、「高速化仕様」の強化はされてないので
まぁ、その辺を求めるなら、1ランク上のレンタルサーバーを使うことになるかな


大手のレンタルサーバーの強みでもある、キャンペーン等は行われていない
ただ、そもそもが安い価格設定で、初期費用も「993円」と、安いこともある

ただ、逆に言うと、大手に引けを取らない「価格・性能・サポート」を提供して
今後の、事業の発展が気になる部分で、個人的には頑張ってもらいたいね!




リトルサーバーを使った感想

文字数が少ない15ページ程度の、パフォーマンス敵に影響も少ない構成と
テスト用で、パフォーマンス敵に、めちゃめちゃ悪いサイトを動かしてみましたが

ヘージ速度が速く実感しやすい前者は、「ごっつい速い」と、印象はもった
パフォーマンスの構成が悪い後者は、「まぁまぁ、速いんじゃない」と、印象はもった

今まで、いろんなサーバーを利用してきましたが、その中でも、この価格帯では
「表示速度は速いなぁ」と、印象を持ったのは間違いないですね!


サポートに関しても、めんどくさい、質問を何十個と投げかけましたが、
速攻に返信が届き、内容もぎっしりと回答くれて、超好印象ですね!

これは、事務的なサポート対応と言うより、親身になった1対1での対応の感じで
小規模体制の会社のデメリットを、逆に生かしてえる感じだなぁと持ったよ


「無料独自SSL」や「無料自動バックアップ」が使えるのも強みだけど、
管理画面で設定して、と言うより、申し込んで手作業で行ってるみたい!!


下位プランの「ミニ」は、162円(税込)からで、しかも、MySQL 3個使えて
高性能な位置づけで言えば、18円高いがバリューサーバー(エコ)は1個使える


いずれにしても、1年契約でリトルサーバーと契約しているので、長い目でみて
基本的に「ロリポップ!、スターサーバー、ラクサバ」の、候補の中に入るかな






リトルサーバー
■無料お試し期間10日間■

お手頃価格で、MySQLが3個使える!

150円(税抜)からWordPress 対応
格安料金ながら、容量 20G、MySQL 3個

全プラン、自動バックアップが標準装備
7日分の(Web・DB・メール)を自動で保管

無料で使える独自SSL(Let's Encrypt)対応

リトルサーバーの詳細・評価ページ

ミニプランリトルプランビックプラン--
月/162円~月/270円~月/464円~--
初期費用容量マルチドメインデータベース転送量無料SSL・HTTP/2
993円60GB無制限10個非公開対応・非対応

(※上記は、リトルプランの詳細) 
※価格は年間(12ヶ月)申し込みをした場合の、税込み8%の金額を記載