バックボーンとは

バックボーン(backbone)とは、
大規模なネットワークと結び、接続してる基幹通信回線を指します。




通信事業者(IX、ISP)等と、 データセンターを繋ぐ、
ネットワークにおける中枢部分に当たり

「バックボーン」は、簡単に言うと、回線の太さの事を指します



バックボーン


バックボーンの容量が大きいほど、回線が太いと言うことになり、
データの転送速度が高く、送受信が快適なことを意味します。




とは言え、サーバーは、
直接、バックボーンと接続されているわけでなく、


複数のサーバーと、繋がっている大元になるので
1人または、1台のサーバーごときで、揺れ動く程の回線にはなりません


結局は、何十台、何百台、何千台・・・
と、集まった時に影響が浮き彫りになるわけですから


バックボーンの数値が、多い少ないは、
ある意味、問題にはならないんではないでしょうか


要するに、例えば、

バックボーン数値が少なくても、それに耐えられる環境であれば、
バックボーン数値の大きいものと、何の変わりもないってことですね!




確かに、バックボーンも含め
内部のネットワーク構成(回線帯域幅)が不十分だと、


転送速度に影響がでて
サイトを訪れたときの、表示されるのが遅くなってしまい



場合によっては、そのページが表示されるまでに
時間が掛かり過ぎて、閉じられてしまう場合が出てくる!

人は、ストレスを感じてしまうのか、あまり待つことは出来ないようです。



結局は、ネットワーク通信の環境にも左右され、

「内部のネットワーク構成の容量」「サーバーの設置台数」
「サーバースペック」「サーバー収容人数」など、

「ファイアウォール」や「内部プロクシ等のセキュリティ対策」など


ネットワークの集合体

これらの、様々な要素でも影響されってしまいますね!
ご自身のPC環境と、考えてもらえば同じようなことがいえます。

例えば、いくら光回線を利用してても、PCのスペックが悪すぎると
快適にインターネットを満喫できなかったりしますよね。

また、セキュリティソフトに影響されて、PCが重かったり^^;




また、インターネット自体が、ネットワークの集合体である以上、
転送速度が高い所、低い所が生じるのは避けられない場合もあります。



いずれにしても、バックボーンが大きいに越したことはありませんが、
必ずしもこれだけで、回線速度を評価するものにはならない様です。



例えば、バックボーンが大容量と公開(アピール)されていても、
回線帯域幅が、「10Mbps」や「100Mbps」など、低ければ、

十分に転送量が発揮できなく、同時アクセスが来れば回線オーバーになってしまう




ですので、高速にデータ転送をする上で、
回線帯域幅(バックボーンに接続されているサーバー)も、全く無視することは出来ないと言う事になる



とは言っても、
バックボーン数値を、公式サイトで公開されていると言う事は


「うちのサーバーは、大容量で接続されてますよ!」
「通信速度は、十分に提供してるので心配ないですよ!」



的な、アピールをされている訳ですので
ある意味、自信を持っている事に繋がっていると思うんで


そう言った意味では、
内部のネットワーク構成も、期待して良いかもしれませんね!

また、回線帯域幅も公開されているレンタルサーバー会社もあるので
その辺も、確認するといいですが、収容人数が非公開がほとんどなので・・・