バックアップ/リストアとは

バックアップとは、データの写しを取って保存すること

サーバに保存された、データやプログラム等が、
破損やウイルス感染などの予期せぬ事態に備えて、

予め別の場所に複製(コピー)を作成して保存することです。




大切な情報などの、データファイルを保存することで、
万が一の時は、速やかに修復・復元する事ができます。


基本的に、レンタルサーバーは、「RAID」を採用しており、
サーバ―内のデータを管理してますが、あくまでも、サーバー事業者の備えの為です


RAID(レイド)とは



起こりえる事態としては、データを誤って削除してしまったり、
データの取り扱いの中、破損してしまったりすることも、考えられます。




と言うか、良くあることです



それに、近年は、第三者からの改ざん等の被害も増えてきてますし
ウイルスなどを、埋め込まれてしまうことも有る



そう言った事も考慮して、
サービスの一環として、バックアップ機能を備えた、



レンタルサーバーもいくつかあります。

但し、「標準、オプション、サービスなし」と、
各社によってサービスの違いもあります。


ですので、一般的には、
個人的に手動でバックアップするなど、データ管理に気を配ってる方も多いです。


例えば、
「月に1度のバックアップをする」「週に1度のバックアップをする」など、
または、「毎日バックアップする」方もいると思います。


そうする事で、
何らかのトラブルが起こった時に、データを失われた場合でも、最小限に抑えることができます。



とは言っても、
手動でのバックアップは、時間も手間も掛かる事から、続ける事が難しい部分もあります。


そこで、自動でバックアップする為に、
「cron」などを使って、プログラムを組んで対応します。

ですが、少々知識は必要になります。



レンタルサーバーでは、「自動・手動」等で、バックアップを行える様に、
体制を整えて、安心できるサービスもありますが、

自動バックアップの場合は、「月額制、もしくは使用した時に手数料が発生する」など
オプション料金が掛かるのが、ほとんどです。




リストアとは

データやプログラムなどを修復、復元させること

誤って削除したデータを復元したり、不調になったシステムを平常に修復するなど
元にも出す為の操作をすることです。


主に、バックアップしたデータを元に、修復・復元をすることが多いです。