コア サーバー「無料SSL」を簡単に設置方法と転送設定について

コアサーバー(CORESERVER)及び、バリューサーバー、XREA
無料で利用できる独自SSL証明書が、簡単操作の設置で対応!

従来は、「プライベートキー、プライベートキーのパスワード、SSL証明書、SSL中間証明書を、VALUE-DOMAINから発行させて細かい設定を行い独自SSL証明書の導入を行っていた」


現在は、サーバー性能も含めて、コントロールパネルがリニューアルされ
2017年8月8日から、コントロールパネルで簡単操作のみで常時SSL化が可能

要するに、ワンクリックで独自SSL証明書が導入できるようになった
独自SSL証明書は、近年主流の「Let’s Encrypt」を利用するかたちで

「Let’s Encrypt」有効期間が90日間で、期限が切れる前に更新手続きが必要ですが
もちろん、簡単操作「無料SSL」の設定は、自動更新となるので、

初めて利用する方でも、手軽に使うことが出来るようになった!
それに、「HTTP/2」対応ってのもいいよね!・・・・・HTTP/2とは


注意点は、「常時SSL化」はリダイレクト設定が必要になるのですが、
「転送設定」機能は、どうすればいいの?かを認識する必要がありますね!







 1  「サイト設定」を選択

サイト設定



 2  「サイト一覧」の「設定変更」をクリック

設定変更

ドメインを追加した際に、「ドメイン設定」と「サイト設定」を行っているはずで
「wwwあり」「wwwなし」が登録してる形です

設定するドメインの「設定変更」から、「無料SSL」の設定を行ってください




 3  「無料SSL」を設定

無料SSLを設定

ドメインを追加した際に、お気づきだったと思いますが
ここで、「無料SSL」を選択して設定すれば、簡単に「HTTPS」にできます

「無料SSL」のラジオボタンを選択して、「サイト設定を変更する」をクリック


転送設定について

「転送設定」に関しては、URLを入力することでリダイレクトするのですが
「転送設定」を使って、リダイレクト設定はお勧めしてません!

おいおいおい!302リダイレクトってどういうこと

実は、ここから設定すると、302リダイレクトとなってしまうようで
「302」は、SEO的にも、Googleからも進められていません

そもそも、「www の 有り無し」を含めると、上手く使いこなせませんね!

ですので、「.htaccess」ファイルを使って、手動でリダイレクト設定を行います

設定手順に関してはこちらを参考に
301リダイレクトの設定方法(ドメインの変更)
wwwの「有り/無し」の統一リダイレクトの設定方法

リダイレクト




 4  「サイト設定を変更する」で完了

サイト設定の変更が完了



 5  設定したドメインにアクセス

画像の説明

数分で設定が反映されているはずで、
設定したドメイン「https:// www.xxxxx.net」にアクセスすると設定されている

先ほども、説明しましたが、「転送設定」は使わないで、
「.htaccess」ファイルを使って、リダイレクト設定をして統一を図ります

また、既存のWebサイトで「無料SSL」に対応させたい場合は、
リダイレクトする前に、Webサイトの最適化を行う必要があるので注意が必要!
HTTPから完全HTTPS化する方法の作業項目







     ■キャンペーン

全プラン 初期費用無料キャンペーン
2017年○月○日から 2017年○月○日まで
※ 一応、期限を設けているようだが、今のところ、ずーと割引中!

■それぞれのプラン 初期設定費用が無料!





コアサーバー
■無料お試し期間30日間■

快適性を重要視したコアサーバーの魅力!

リーズナブルな価格、自由度の高い設定範囲
コストパフォーマンスに優れた、高速・高性能

プラン毎に、メモリ容量・収容人数が公開
底数制!複数のサイトを運営するのにも適した

アクセス数が多いサイトにも、充実した仕様

コアサーバーの詳細・評価ページ

CORE-MINICORE-ACORE-BCORE-C
月/218円月/436円月/864円月/3,483円
初期費用容量マルチドメインデータベース転送量無料SSL・HTTP/2
0円120GB無制限無制限250(GB/月)対応 / 対応

(※上記は、CORE-Aの詳細)
※価格は年間(12ヶ月)申し込みをした場合の、税込み10%の金額を記載