VPSレンタルサーバーとは!仮想専用サーバー

VPSサーバーとは

VPS(Virtual Private Server)
バーチャルプライベートサーバーの略称で、日本語で言えば 仮想専用サーバー



VPS



共用サーバーを、
仮想的に、専用サーバーのような環境を実装するサーバーになり



共用サーバーに、特殊のソフトを導入することによって
専用サーバーと、同等の能力を与える事がでるようになる



つまり、実際は、1台のサーバですが、
あたかも独立したサーバが、何台もあるように動作させるので




IPアドレスに付いても、

仮想サーバーに、それぞれ振り分けられることになる




また、専用サーバ同様、自由度も高くなり
それでいて、低価格で高スペックが使えるサーバーになる



VPSの価格帯は、共用サーバー寄りで、
割合、安く利用できると言う事で、



共用サーバーと、どちらを選ぶかを、迷われて
VPSサーバーが、よく見えてしまいがちですが



「VPSを使いこなせるのか?」 

画像の説明




が、問題となり
サーバー関連の知識を求められる!



そう言った意味では、初心者には仕切りが高く



サーバの勉強のために、あえて利用してる方もいますが、
使いこなすには、中級者以上のレベルが必要だと思う!



自由度は高い反面、 セキュリティ等の設定、各種ツールのインストールから
自分で行わないとならないし、自己責任でもあると言う事です。



最近は、共用サーバー感覚で、VPSを使えるものも、
いくつか、出てきてるようなので、



初心者にも扱いやすくなっているが
その反面、自由度もさることながら



一番売りでもある、
「低価格で高スペック」から、離れてしまいがちです。



ですので、



知識が、あやふやの方で、
どうしても高スペック機能を、利用しなければならない

と言う場合は、専用サーバー(マネージド)を、おすすめします。




レンタルサーバーには以下のような種類があります。

共有レンタルサーバーとは(1台のサーバーをたくさんの人で共同利用する)
専用レンタルサーバーとは(自分専用のサーバーが持てます)

サーバーの選び方|ここが知りたい! レンタルサーバーに関して