エックスサーバー「ブラウザキャッシュ設定」機能の提供を開始

エックスサーバー、エックスサーバービジネス共に
「ブラウザキャッシュ設定」機能が、2018年9月6日から提供を開始したようです

「ブラウザキャッシュ設定」機能を有効にすることで

更に『高速化』・・・表示速度の向上や転送量の軽減が期待できる感じですね!

レスポンスヘッダ「Expires、Cache-Control」の出力を付加することになり
同一ファイルに、再度のアクセス時にはブラウザのキャッシュファイルが利用される



要するに、ブラウザ側でキャッシュをするように指示することで、
次に同じページにアクセスしたときには、保存されたデータを読み込むことになる

その為、同じファイルを何度も読み込む必要がなくなることで
ユーザーもすばやく表示され、サーバー側も負荷や転送量が軽減される






Expiresヘッダの付加に関しては、Google も推奨する高速化対応の一つでもあり

「ブラウザキャッシュ」を有効にすることで、
Google PageSpeed Insights のスコア上昇も見込めることに繋がる!




とは言え、
「ブラウザキャッシュ設定」機能は、取り分け、目新しい機能ではなくて、

一般的には、「.htaccess」ファイルを使って、
Expiresを設定(キャッシュの処理時間を定義)されている場合が多いですよね!

mod_expiresの設定方法、ブラウザキャッシュの期限を定義







エックスサーバー「ブラウザキャッシュ設定」

ドメイン毎に設定を反映させることが可能になり

  • ON[全ての静的ファイル] ※推奨設定
  • ON[CSS/JavaScript以外]
  • OFF

いずれかを選択して「変更後の設定」で切り替えることになります
デフォルトは「OFF」になっている

キャッシュを有効にした項目は最大7日間ブラウザに保持されます。

ブラウザキャッシュ設定




注意点

注意点は、有効期限を指定できなこと
動的コンテンツの場合は、タイムラグが生じるので「ブラウザキャッシュ」は適さない

「.htaccess」で設定を行っている場合で、重複していても特に支障等はないようだが
「.htaccess」にて設定しているほうが優先される





     ■キャンペーン

独自ドメインプレゼントキャンペーン
2018年8月20日(月)12:00~2018年10月31日(水)18:00

期間中、新規にお申し込みいただき、
ご利用料金をお支払いいただいたサーバーアカウント

独自ドメインがずっと無料のプレゼント!
(.com/.net/.org/.info/.biz)の中から、好きなドメインを1個
更新費も無料、契約期間中なら管理料の1,620円/年も、ずーとタダ!

独自SSLが無料対応
エックスサーバーで、運営中のドメインに対して無料提供
無料・無制限で証明書は自動で更新、独自SSLを利用することが可能



エックスサーバー
■無料お試し期間10日間■

業界トップクラスの快適!オール SSD 搭載

コストパフォーマンスに優れた、最強サーバ
格安料金ながら、容量 200G、MySQL 50個

大容量バックボーン + ハイスペックサーバー
CPU(24コア)メモリ256GB、SSDストライピング

ストレスを感じる事なく軽快な動作を実感!

エックスサーバーの詳細・評価ページ

X10プランX20プランX30プラン--
月/1,080円~月/2,160円~月/4,320円~--
初期費用容量マルチドメインデータベース転送量無料SSL・HTTP/2
3,240円200GB無制限50個70(GB/日)対応・対応

(※上記は、X10プランの詳細)
※価格は年間(12ヶ月)申し込みをした場合の、税込み8%の金額を記載





このエントリーをはてなブックマークに追加