スターサーバーの簡単インストールでWordPressを作成する手順

スターサーバーで「WordPress」をインストールする際は、
非常に簡単で、直感的に迷うことなくスムーズに操作できますね!

ライトプランからデータベースが適用されて、
複数の「WordPress」を作る場合は、スタンダードプランからになります!

 エコノミーライトスタンダードプレミアムビジネス
データベース0個1個20個50個100個



ドメイン直下の場合とサブディレクトリの場合

「WordPress」をインストールする際は、インストール先を指定して、
ドメイン直下のURLにするのか? サブディレクトリ型のURLにするのか?

ドメイン直下型

サブディレクトリ型



この設定も分かりやすいので、特に問題はないのではないでしょうか





 1  「ホームページ」の「簡単インストール」を選択

簡単インストール



 2  インストールするドメインを選択

ドメインを選択



 3  「追加インストール」を選択

追加インストール



 4  WordPress「インストール設定」を選択

インストール設定



 5  簡単インストールの設定を入力

インストール設定を入力

データベースは、自動生成か?予め作成しておいたデータベースか?選択

複数のWordPressを使う場合は、手動でデータベースを作成するメリットがある
例えば、「サーバID_xxx」と、xxx に、ドメインの頭3文字いれるなど工夫すれば

どのドメインに、どのデータベースを使ったか? すぐ分かるように設定でき
あとあと、何かしら、困ることがないので、手動で作成するのも手ですね!

スターサーバーでデータベースを作成する手順!手動作成の意味


「ドメイン直下の場合」or「サブディレクトリの場合」

インストール先を「空欄」にすることで
ドメイン直下のURL「http:// xxxx.jp」となってアクセスできる

ドメイン直下型

インストール先を「wp」「blog」「site」「news」など、任意の名前を付けることで
サブディレクトリ型として、「http:// xxxx.jp/wp」「http:// xxxx.jp/site」

サブディレクトリ型




 6  問題が無ければ「確定する」をクリック

確定する



 7  WordPress「簡単インストール」設定の完了

設定完了

ログインフォームの「URL」をクリックして「WordPress」の管理画面




 8  「インストール済み一覧」

インストール済み一覧






     ■キャンペーン

サーバー初期設定費用0円キャンペーン
2018年5月1日(火)12:00 ~ 2018年6月29日(金)18:00

エコノミー・ライト・スタンダード
  サーバー初期設定費用が無料!  1,500円 → 0円

プレミアム・ビジネス
  サーバー初期設定費用が無料!  5,000円 → 0円





スターサーバー
■無料お試し期間14日間■

ネットオウルが運営する格安レンタルサーバー

高性能CPU・大容量メモリの最新サーバー
オールSSD環境 ~ 上位プランはCPU性能がアップ

無料で使える独自SSL機能
無料のSSL証明書「Let's Encrypt」を設定

仮想CPUが割り当てクラウド型高速サーバー!

スターサーバーの詳細・評価ページ

エコノミーライトスタンダードプレミアムビジネス
月/136円~月/270円~月/540円~月/1,620円~月/4,320円~
初期費用容量マルチドメインデータベース転送量無料SSL・HTTP/2
1,620円50GB50個1個150(GB/月)対応・非対応

(※上記は、ライトプランの詳細) 
※価格は年間(12ヶ月)申し込みをした場合の、税込み8%の金額を記載